Shimane Prefectural Hamada Business High School

情報リテラシー

何を学ぶのか

現代の必需品である情報

インターネットが普及を始めた1990年代後半より、世界で取り扱われる情報の量が飛躍的に増加しました。この膨大な情報の中から必要なものを見つけ出し活用していくためには、コンピュータやインターネットを活用する知識は不可欠です。

また、情報そのものに価値や権利が発生しており、これらの取り扱いを誤ると問題になる場合があります。

このように、情報を上手に取り扱うための知識や技術は現代において不可欠となっています。

社会で必要とされる場面

なりたい自分になるために

この先ずっと変化し続ける時代を生きていく必要があります。数年前に記載されたインターネット上の情報や、過去に購入した書籍の情報など陳腐化している可能性が高く、その都度、必要なことは、自ら調べ、考え、行動することが必要になってきます。

必要な情報を探して、素早く取捨選択し決断した後に行動に移す、ということが週間になると、なりたい自分に近づくことができます。

学習のコツ

とにかく慣れること

情報リテラシーの習得は、何よりも「慣れる」ことが大切です。これは知識や技術を習得するだけでは得られないものなので、ちょっとしたことでも、自ら調べて、考えて、行動する、という週間を重ねることで、少しずつ情報リテラシーを得ることができます。

学校の中だけでは習得が難しいため、普段の生活の中でもリテラシーを得るための習慣が必要です。

学べる学科

  • 商業科
  • 情報処理科

特徴的なカリキュラム一覧

マーケティング
情報リテラシー
プログラミング
ビジネスを創る